絵本『ぞうのマメパオ』特設ページ

 

 

藤岡拓太郎

「ぞうのマメパオ」

(ナナロク社)

 

発売:2022年4月上旬

定価:1600円+税

 ハードカバー/A5サイズ(15×21cm)/196ページ

装丁:藤岡拓太郎

 

取り扱い書店一覧

Amazonで注文する

 

 

 

奇妙でかわいい、196ページの絵本

 

『たぷの里』の藤岡拓太郎、2作目の絵本。

小さな女の子ジュンちゃんと、小さな象のマメパオが、走って転んで、また走る。子どもも大人も読めば踊りたくなる。

 

<あらすじ>

ある冬の日、たまごのおつかいを頼まれたジュンちゃんは、たまご屋さんに向かう途中で、迷い子らしき小さな象に出会います。

ダッ!小さな象は逃げてゆく。「まって!」

果たしてジュンちゃんはこの象と仲よくなって、お母さんとお父さんを見つけてあげることができるのでしょうか?


 

<作者より>

「かわいすぎて笑ってしまう」ようなものが描いてみたくなって、この絵本を作りました。子どもが持つ愛らしい動きや言葉を描くことを軸に、シンプルでかわいい、そして変な、おもしろい絵本が描けたと思います。漫画っぽい要素もある絵本なので、自分でひらがなが読めるようになった子どもたちにとっては、この本が新しい世界の入口になってくれたらとても嬉しいです。いつものように手作り読者カードも入っています。子どもも大人も、ぜひ感想を聞かせてください

 


 

 

 

 

『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男

<前編>そこにいるだけのかわいらしさ

<後編>デス・プルーフと駐車場

 

 

 

 


サインカード

今回はサイン本を作らないかわりに、サイン入り特製カードを作っています。

(このサインカード付きの本の入荷情報は、拓太郎や各書店のSNSを参考にしてください)

 

 

 

ジュンちゃん&マメパオ缶バッジ

 

<一部書店にて販売中>

・本屋lighthouse(千葉・幕張)通販あり

 ・スタンダードブックストア(大阪・天王寺)通販あり

 

 

※2022年6月時点での情報です。売り切れ・販売終了の場合もございます。

※お取り扱い頂ける書店様は、ナナロク社までご連絡下さい。

 

 

 

ふたりが踊ってるだけのオビが巻かれて、書店に並びます

 

 

 

『ぞうのマメパオ』に関する最新情報は、藤岡拓太郎のTwitterナナロク社のTwitterで随時お知らせします。