藤岡拓太郎(ふじおか・たくたろう)

 ギャグ漫画家

1989年5月31日大阪生まれ、大阪在住

 大阪芸術大学文芸学科中退 

 

* * 

 

Twitter / Instagram / ニュースレター(メルマガ)

に漫画を載せています

 

ThreadsBluesky

 

 

2009年、『親父のテーマ』で赤塚賞佳作

 

2010年、「ジャンプNEXT!2010SUMMER」に読切『五郎丸ジーンのミッドナイト・ジーン』掲載

 

2012~2013年の2年間は漫画が描けず、『ギャグ漫画の話』をまとめる

 

2014年からTwitter、Instagramで漫画の発表を始める。「電脳マヴォ」「オモコロ」でも作品を発表

 

2017年9月、1ページ漫画をまとめた初の単行本『藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない』(ナナロク社)刊行

 

2019年7月、初の絵本『たぷの里』(ナナロク社)刊行

 

2021年1月、漫画集『大丈夫マン 藤岡拓太郎作品集』(ナナロク社)刊行

 

2022年4月、絵本『ぞうのマメパオ』(ナナロク社)刊行

 



 

【読み切り漫画、エッセイ、イラストなど】 

 

2018年10月 チャットモンチーがとまらない(短編漫画8本掲載)

 

2019年7月 木下龍也・岡野大嗣「玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ展」(1ページ漫画寄稿)

 

2019年10月 ミシマ社の雑誌「ちゃぶ台」Vol.5(2ページ漫画掲載)

 

2019年12月 ムック「芸人芸人芸人」volume2(1ページ漫画掲載)

 

2019年12月 早稲田文学増刊号 「笑い」はどこから来るのか?(表紙の漫画&エッセイ掲載)

 

2020年8月 クイックジャパン別冊「芸人雑誌」vol.1(1ページ漫画掲載)

 

2020年12月 フリーマガジン「seed」(1ページ漫画掲載)

 

2021年3月 15ページ漫画「きこえにくい映画とお笑いの話」(Twitterで公開)(※2021年4月に朝日新聞に取材記事掲載

 

2021年11月 「こどものとも」12月号 折り込みふろく「絵本のたのしみ」(エッセイと2コマ漫画掲載) 

 

2022年4月 「ロングコートダディ・ニッポンの社長の ぼちぼちストレンジャーズ」(ロゴ・メインビジュアル)

 

2023年8月 「奇奇怪怪」(Taitan、玉置周啓 著/石原書房(巻末解説漫画『人の話』)

 

2024年4月 広島T-SITE(広島蔦屋書店)の太鼓判 フェアメインビジュアル

 

2024年5月 展示会「パレスチナ あたたかい家」(作品『世界を変えることができる人』を展示)

 


 

【個展・展示・フェア】

こちらにまとめています

 


 

【インタビュー、対談

  

●「奇奇怪怪明解事典」(TaiTan & 玉置周啓)× ギャグ漫画家・藤岡拓太郎 | BRUTUS WEB(2022年2月25日)

前編 〜「笑い」の原体験をたどる旅

後編 〜「笑い」は海を越えられるのか? 

 

きっかけはパンダコパンダ "かわいすぎて笑ってしまう本"を作りたかった/絵本『ぞうのマメパオ』藤岡拓太郎さんインタビュー|ナナロク社note(2022年4月3日)

 

『ぞうのマメパオ』刊行記念対談 藤岡拓太郎×村井光男|ナナロク社note(2022年4月9日)

<前編>そこにいるだけのかわいらしさ

<後編>デス・プルーフと駐車場

 

ギャグ漫画家・藤岡拓太郎が語る、絵本の“笑い”と“かわいさ” 「誰にでも分かる言葉で、誰よりも笑えるものを描きたい」|リアルサウンドブック(2022年5月11日)

 

漫画家 藤岡拓太郎の映画日記|PINTSCOPE「映画を観た日のアレコレ」2022年8月2日

  

ギャグ漫画家・藤岡拓太郎が選ぶ、現代を生き抜くためのブックガイド。キーワード:「やわらかい心」|(「BRUTUS」2023年1/1・15合併号「それでも本を読む理由。」)

 

謎の力士がおなかを「たぷ」っと 藤岡拓太郎さんの絵本「たぷの里」|好書好日「えほん新定番」2023年12月4日

 

子どもを魅了する絵本「たぷの里」 クレージーな笑いの原点とは|朝日新聞 全国版朝刊2024年5月27日

 


 

【その他】


ギャグ漫画の描き方、描いていき方(2023年6月18日)|メルマガ「象の上から」

ギャグ漫画の話(2012~2013年)|はてなブログ